白池・五月池しらいけ (1090m)

高山の友人から、蓮華温泉への白池林道の途中の「白池・五月池」の湖畔にシラネアオイが咲いていた。というメールが届いたので、早速行ってみた。
JR平岩駅への分岐あたりで丁度お昼の時間になったので、もう少し先の「道の駅小谷」で昼食を食べてから白池に登ることにした。

昔、山スキーの初心者の頃は何度か滑ったことがある栂池~蓮華温泉~木地屋コースの終着点の木地屋集落が懐かしい。
そんなことを思い出しながら登って行くと、かなり手前で通行止めの立て看板が行く手を阻んでしまった。
仕方がないから歩いて行くことにして、歩き始めたら、車が1台下りてきた。
話を聞くと池までは安全に通れること。他にも何台かの車が入っていること。立て看板の脇を通って入って行ったことなどを話してくれた。
そこで、同じように脇を通って通行止めを通過した。雪は道路脇には多いところで1m前後あるものの、道路は安全に通れた。雪崩や崖崩れの心配があるところもなかった。

ブナの若葉が美しい白池の駐車場には車が2台来ていた。
遊歩道を歩き始めたが、間もなく残雪に阻まれて先へ進めなくなってしまった。
五月池の駐車場まで車を進め、また遊歩道を歩き始めた。白池の西側の遊歩道を半周したがシラネアオイらしきものは見当たらなかった。代わりにミズバショウが点在していた。
電話で高山の友人にシラネアオイの咲いている場所を確認したら、五月池の周囲らしい。
五月池の周囲は更に残雪が多く、無理して歩くと池に転落しそうだ。
もう一度電話で確認すると、駐車場に近いところらしい。
池の岸を注意深く探してみると、池の縁の急崖に数株咲いていた。
友人が「池に落ちないようにね・・・」と、言っていた通り、かなり危ないところに咲いていた。
とてもゆっくり鑑賞できる場所ではない。咲いていることを確認し写真を数枚撮って早々に引き上げた。

シラネアオイはゆっくり鑑賞できなかったが、静かな湖畔の道は芽吹いたばかりのブナ林や残雪の山(五輪山・黒負山)が美しい。
日が長いので白馬や栂池に立ち寄って雪の山を眺めて楽しんでいたため家に着いたのは夜11時前だった。

(画像はクリックで拡大します)
データ
201505.21(木)
3人
第一駐車場
0.5km

13:40

13:50

第二駐車場
 

 

 

白池一周(2.3km)
 

 

14:44

第二駐車場
歩行距離
2.7km
行動時間
0時間55分

 

アーカイブ
現在位置: ホーム登山日記メニュー > 白池・五月池