三峯城跡みつみねやま (404.5m)

私の田舎の山(通称三峯山)にある三峯城跡に何十年ぶりかで行った。山頂には脇屋義助の大きな石碑が建っている。この石碑は昭和15年9月21日に竣工したらしい。建立には私の祖父たちも関係したらしく、我が家のアルバムに当時の写真が残っている。
この石碑はかなりの大きさがあり高さ3.5m重さは何と2.5トンもあるらしい。この巨大な石を麓の上戸ノ口(当時は福井県今立郡北中山村上戸ノ口、現在は福井県鯖江市上戸ノ口町)から、おそらく人力で担ぎ上げたのだろう。記録によると延べ980人とある。
アルバムには竣工式の様子も写っている。軍服姿の人に交じって地元の名士・山崎久助氏と奥方、祖父などが写っている。
山崎家は最後まで三峯村に残っておられたが、昭和12年に上戸ノ口の一番上流の場所に下りて来られた。その家の隣に我が家の小さな畑があり、子供のころは祖母の畑仕事を手伝った。その祖母は山崎家のお婆さんには言葉遣いが違っていた。お寺さんや役所のお偉いさんに話すような敬語を使って話していた。子供心に「きっと、偉い人なんだろうなあ・・・」と思っていた。祖母の話ではお殿様から拝領した家紋入りの御膳一式が家宝として伝えられていると聞いていた。
その家も、現在は住む人がなく廃屋になっている。

(画像はクリックで拡大します)
データ
2014.05.29
3人
三峯村跡駐車場
 

15:23

15:27

鹿俣分岐
 

 

15:47

三峯城跡
 

16:25

16:55

三峯村跡駐車場
歩行距離
2.0km
行動時間
1時間32分
アーカイブ
現在位置: ホーム登山日記メニュー > 三峯山