文殊山もんじゅさん (366m)

山行会として文殊山に登ったのは今月8日。その日は都合がつかなくて欠席した。
今朝妻の姉さんから文殊山に登らないかと電話が入った。
姉さんの車と2台で行って、1台は下山口の二上登山口に置いて、登りは8日と同じルートの鯖江市南井登山口にした。
この登りのルートは2004年6月に河和田漆器会館から朝倉遺跡までの21km余りを歩いた時に通ったのが最後で、それ以来南井ルートは歩いていない。
4~5台置ける駐車場にはまだ余裕があった。
登り始めると新しく林道が通っていて、ルートの記憶が怪しくなってきたが、所々に立っている案内板や道標に助けられて、記憶が蘇ってきた。
奥ノ院に到着してみると、狭い山頂には人が溢れていた。
聞くと京都からバスで40数名が来られたとか・・・。
「この山は京都でも有名なのですか?」
「いや。山の会の会員さんが知っていて、カタクリが綺麗だと聞いてやって来ました。」
「どうでしたか? 遠くからお出でになった甲斐がありましたか?」
「ありました、ありました。」
「足羽川の堤防の桜もご覧になりましたか?」
「朝、見てから来ました。きれいですね!!」

(画像をクリックすると拡大します)
データ
2012.04.15
3人
南井登山口駐車場
 

11:08

11:58

山姥の岩洞
 

 

12:11

奥の院への道と合流
 

 

12:27

三角点
 

 

12:41

途中で昼食
 

13:04

13:24

大文殊
 

 

13:28

カタクリ群生地
 

 

13:40

小文殊
 

13:45

14:55

駐車場
歩行距離
5.2km
行動時間
3時間46分
アーカイブ
現在位置: ホーム登山日記メニュー > 文殊山